ペニス増大サプリをどうやって選ぶか

ペニスの見栄えは、太さ・長さ・カリ高の3要素が重要!増大サプリで実現しよう!
増大サプリはランキングで決める!短小ちんこはサプリで治す

■ペニス増大サプリ選びの参考となる基準

ペニス増大サプリはサプリでもいろいろな商品が販売されていて何を選べばいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

勃起力アップ

ペニス増大サプリを初めて購入するという人や買ったことはあるけど効果を感じられなかったという人は何を基準に選べばいいのかわかんないのではないでしょうか。

以下には、ペニス増大サプリ選びの参考点を解説していきたいと思います。

●増大サプリは錠剤などのタイプがある

増大サプリを選ぶ時にまず最初に選ぶべき点は錠剤なのかカプセルなのかといったタイプをチェックするという点です。

個数でタイプを分類すると1粒タイプだったり、2粒だったりというタイプがあります。

形状はカプセルの中に粉末の成分が詰まっているカプセルタイプとタブレットに凝縮したタブレットタイプがあります。

個数は一粒にすべての成分を配合している1粒タイプや、2粒くらいにカテゴリー分けをして配合されているものがあります。

カプセルタイプかタブレットタイプかをチェックしましょう。ペニス増大サプリで効果が高いといわれているのはカプセルタイプだといわれています。

カプセルタイプの増大サプリの中にはカプセルに配合されている成分はペニスの増大に貢献が期待できる成分だけとなっています。

ですが、一方でタブレットタイプはタブレット錠にするためにペニス増大に関係ない不純物が入っていると言われています。

つまり、ペニス増大を目的としたときに無駄な成分が配合されているということになります。

一粒当たりに換算するとものすごい微妙な差ですが、何ヶ月も飲み続けることにより大きな差になります。

次に1粒タイプか複数タイプの違いですが、基本的に1粒タイプが増大効果が期待できます。人気のペニス増大サプリであるブラビオンSは1粒タイプです。

一粒タイプの場合のメリットとしては飲み方次第では無駄にすることなく成分を吸収することができるのです。

上記のことからわかる、一番効果が期待できる増大サプリのタイプは一粒でカプセルタイプだといえるでしょう。

●ペニス増大サプリの成分を比較する!

次にペニス増大サプリ選びの際にチェックするべきポイントは成分です。

成分は成分の配合量、成分の配合数の2つの視点から見なければならなく、さらに成分に対する知識も必要となってきます。

配合量は一つの成分あたり何ミリグラム配合されているかということです。ペニス増大サプリにおいては、シトルリンの含有量がとても重要です。

なのでまずはシトルリンの配合量を見るようにしましょう。

次に成分の配合数です。これは数が多ければ多いほどいいわけではなく、1粒が何mgでその中に何種類の成分が配合されているのか、という点を見なくてはいけません。

例を出すと、日本製の増大サプリで人気の高いものは一つ当たり50種類くらいの成分が入っていることが多いです。

以上のことから期待値が高くバランスよく配合されているのは50種類くらいだということがわかります。

●増大サプリは口コミをチェックしよう!

ペニス増大サプリを本当に効果が高いものを選ぼうと思ったらツイッターなどのSNSをつかって利用者の口コミをチェックすることが大切です。

ツイッターなどのSNSで商品名で検索してみると、広告だったり、レビューだったりいろいろなものが検索にヒットします。

ツイートをいろいろみていって、使った人のレビューがなくて広告ばかりだったりまったくヒットしなかったりということは使っている人がいないので、人気のないサプリということがいえるでしょう。

逆にレビューなどのツイートがたくさんあれば、実際に売れていて、リピーターもたくさんいて、増大効果が高いサプリということがわかります。

もちろん、業者が個人になりすましてレビューなどを投稿していることもあるので、本当に個人が投稿しているかどうかを見極める力が必要になりますが、だんだんとそういうわかるようになってくるものです。

ですが、これは昔から売れているサプリの口コミがチェックできるだけであって、発売してから日が浅いものはこの手法は使えないでしょう。

特にペニス増大サプリというのは、実際にペニスが増大するまでに2,3ヶ月くらいかかるものです。

であるにも関わらず、発売直後から口コミがある場合、それは業者の嘘の口コミと判断していいでしょう。

このように、ペニス増大サプリを選ぶ際にはいろいろと『見るべき点』が存在します。

ペニス増大サプリを今まで使ったことがないひとは選ぶ時に一苦労だと思います。

そこで、上記基準をベースにランキングを作ってみました。