男性器が小さい原因

最新からロングセラーまで、歴代のおすすめの増大サプリをご紹介します。
ペニス増大サプリの効果は配合成分で決まる!

■男性器が小さい原因

男性器を大きくするためにはなぜそもそも男性器が小さいのかを知る必要があると思います。男性器が小さい原因には以下の三つが考えられます。

●そもそもの体質

男性器が小さい一番の原因は生まれ持った体質です。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここでいっている遺伝というのは生まれつき男性器のサイズが決まっているということをいっているのではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

背の高さのように、生まれ持った遺伝で男性器の大きさが決まっているわけではないので、男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することで、男性器は大きくなるんです。

●筋力が不足している

下腹部の筋力が弱い人太っていてお腹が出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は、下腹部から男性器につながる筋力不足。

男性器というのはPC筋とおなかの下の方から伸びている筋肉と海面体細胞で構成されているのです。

勃起状態というのは男性器を構成しているPC筋が緊張状態になることにより男性器が反り返ることにより勃起状態になります。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

筋力が弱かったり太ったりしている人は、下腹部の脂肪を減らして筋力を強化することで男性器が大きくなります。

●包茎

包茎状態というのも男性器を小さくしてしまっている原因の一つです。包茎というのは亀頭に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭が皮にかぶっているのは普通のことですが、大人になるにつれてじょじょに皮がめくれていって普通の男性器になります。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

ちなみに、仮性包茎というのは仮性という名の通り、普通の状態の時は皮が被っていて、勃起状態の時は全部向ける状態のことです。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎というのはいくつもタイプがありますが、すべてに共通していえることは皮が被っている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男性器増大にはマイナス要因になるのです。

包茎の男性器と正常の男性器では長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎の人はまず包茎を治すことにより男性器が少し大きくすることができます。